0コメント

上場企業の実質的初任給を算出してみたソシャゲ

tall-skyscrapers-view-from-below-vintage-edit-picjumbo-com.jpg
就活、転職活動をする上でもっとも重要なこととはなんだろう

仕事のやりがいか?
人間関係だろうか?
将来性、安定性だろうか?
はたまた環境か?

だがよく考えて欲しい
仕事のやりがいを微分積分できるだろうか
人間関係を素因数分解できるだろうか
将来性、安定性を標準偏差で表せるだろうか

少なくとも人間関係は
数値化できはしない
なぜなら
私のLINEには
500人ほどの友達が登録されている
にも関わらず

3日に1回鳴れば調子がいい方だからだ

話がまた離陸してしまったが
この問いに関する最適解は
ズバババり
年収なのだ

これは私の意見ではない
先日
"働く上で大切にしたいこと、1位は?"
と言う記事が出た

内容はジブラルタ生命保険が
12月4日、「働く男女のお財布事情とホンネに関する調査2017」発表した
結果のまとめ記事である

その1位の結果が年収なのである
さらに2位のやりがいとの割合の差はおよそ
2倍だ!!

おそらくドラゴンボールの界王拳10倍につられて
"なんだ2倍か"と考えるジャンプキッズが存在するので
敢えて言おうではないか
2倍とは
200%
と同意義なのだ!!

想像して欲しい
戸愚呂弟の200%を

きっとそれは
界王拳十倍よりも遥かにすごいのだ!?

と言う御託はさておき
企業が公開している年収を
そのまま真に受けてはいけない
という話をしたいのだ

それはなぜかというと
会社が公開している年収は
年齢のバイアスが掛かっている平均であるからだ

つまり平均年齢が高い企業は
年収も高くなるのは
当たり前ではないかと考えているのだ

そこで
今回は
(平均年収/平均年齢)*22=初任給としてもらえる期待値
という計算を行なって行きます

と言っても
一部上場企業だけでも2,049社もあるので
今回はスマホゲーム市場に絞って
さらにそこの一部分のみを計算を行ないます。

では早速結果です。
企業名、平均年収、平均年齢を以下の表にまとめました
表1.png

企業名、平均年収を順にしてグラフにまとめました
heikinn.png

企業名、実質平均年収(22歳時)を順にしてグラフにまとめました
jissitu.png

多少順番が前後していますが
IT業界は比較的に
平均年齢が低いこともあり
さほど驚くような発見は得られませんでした

気が向いたら
他業界についても調べて
比較して行こうかなと思っております

この記事へのコメント